メタトロンとキネシオロジーが羅針盤

わたしのセッションにおいて、メタトロンとキネシオロジーは羅針盤のようなものです。

羅針盤とは、現在地を把握し、目指すべき方向を教えてくれるもの、ということです。

量子波動機メタトロンは、測定時点の身体のエネルギー状態を実にありありと可視化してくれる機器です。
セラピーや食事療法によってどんな変化が生じたのかを評価するのにも大変役に立ちます。
羅針盤でいうと、方角などが書かれた羅盤に相当します。
現在地を知るためのツールがメタトロンなんですね。

そして、キネシオロジーは、身体からのメッセージを実に正確に伝えてくれます。
キネシオロジーというと聞き慣れないかもしれませんが、O-リングテストは聞いたことがある方もおられるのではないでしょうか?
実は、O-リングテストは、キネシオロジーで用いられる手法の一つなんです。

O-リングテストは、心身にストレスがかかると、身体の中のエネルギーの流れが止まってしまい、筋肉に力が入らなくなることを利用したものなんです。

これを利用することによって、身体とこころが本当に求めているものは男何かを、身体にきいて確かめることができるんです。

身体とこころが求める方向は、つねにあなたが幸せに近づくための最善の方向ですから、羅針盤でいうと、磁石に相当します。

そして、BICOMセラピーや音叉セラピー、バッチフラワー、タッチフォーヘルスなどの研究所で実施している各種セラピーのうち、どのセラピーが最も有効であるかも、身体の声をきいて決めていきます。

メタトロンとキネシオロジーを常に羅針盤のように使って、現在地を確認して、進むべき方向を確認して、皆さんと一緒に進んでいくのが、SELCURE未来医学研究所のスタイルです。

さて、少しだけ補足です。

ネットを調べると、「O-リングテストは怪しい」といった情報も出てくると思います。
しかし、それは、きちんと身体を調整した上で、テストの信頼性評価を行わずにやっているからだと思われます。
簡単に言えば、よくわかっていない人たちがやっているから、信頼性に欠ける結果がでるのだという事です。
わたしは、国際キネシオロジー大学の正式コースで学び、今も研鑽を積み、信頼性を高める努力を続けております。

関連記事

  1. なぜ「研究所」にしたのか?

  2. 東洋医学勉強会Part4 開催しました!

  3. 病気がギフトに変わる研究所

  4. 日御碕神社

  5. メタトロン&BICOMオペレーター養成講座 開講

  6. わくわく研究所計画

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。